悩みとの、正しいツキアイ方 (後編)


悩みという大腸菌に対しての乳酸とは?

それが、笑うということ!

笑うだけで気持ちが軽くなり、心の中で「喜び」という乳酸菌が増えるのです。

 

 こういう実験があります。ある人に、催眠で「あなたは泣いてしまう。そして、催眠をかけられたことは忘れてしまう」と暗示をかけました。そしてその人が目を覚ますと、催眠のせいで泣いてしまいます…。その時に「なぜ泣いているの?」と聞いたところ、「一人で寂しいから」とか「人生が悲しくなったから」とか自分で後から考えた理由を言っったのです。

 

 被験者は、「催眠」で「泣いた」だけで、悲しいという気持ちは存在していなかった。「悲しいから泣く」のもあるけど、それ以上に「泣くから悲しい」。それが証明された実験なのです。難しい言い方をすれば、「表情」は「感情」に対して強制力がある ということ。

 

すなわち逆に、笑えば気分も楽しくなる!! つらかろうが苦しかろうが、とにかく表情は笑顔にする!それで心の乳酸菌は増える!! 悩みに苦しむ気持ちが、確実に楽になる!!

 

そして、「毎日一本、ヤクルト」と同じように、笑顔も続けなきゃいけない!

 

そのためには、「体に目印をつける」こと。代表的なのは指輪です。そして いつもつけないような指に付けると効果的です。付けているのに気付くごとに、「必ず笑顔」!

 

これこそが、スーパーメソッド「スマイ・リング」!

 

目印は指輪でも何でもかまいません。マニキュアを特別な色にしてもいいですし、マジックで印を付けるのでもいいです。自分の体に何かの目印をつけて、「ふと、それに気がつくたびに、笑う」。それだけで、幸せが訪れます。

 

「指輪を見ても、どうしても笑えないときは、どうしたらいいですか?」というあなた。

まず、口をあけます。そして、口を横に開き、最後に、口の外側を上げれば…ほら、笑った!

 

そう。一気に笑うのがつらいときは、少しずつ。まずは、口を少し開くだけでもいいんです。それだけで、無表情とは雲泥の差ですよ。

 

みなさんも笑顔で、悩みとうまくおつきあいしてくださいね。